Le TEMPS∞ル・タン


新宿三丁目のBar ル・タン
by bar_letemps
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『eros / thanatos 生と死の幻想』

2011年5月18日(水)~5月30日(月)
『eros / thanatos 生と死の幻想』
10:00~19:30
入場無料

c0113585_318239.jpg


宇野亜喜良氏のイラストをはじめ、マン・レイ、ハンス・ベルメール、真条彩華、大友暢子など現代のエロスとタナトスのイメージを表出する作家たちの作品が展示されています。

***********************************************************
エロスの憂愁とタナトスの誘惑
 死は人類の永遠のテーマと言えます。科学が発達し、仮想空間が浸透しても、私たちはこの死という現実から逃れることはできません。

 元来、生と死は一対となって現れます。「thanatos‐タナトス」はギリシャ神話において「死」を神格化したものです。「eros‐エロス」とは「性愛」のことで、生への執着を意味します。エロスとタナトスは表裏一体の関係にあり、一方の究極の在り方がもう一方であるというパラドクスを内包します。つまり「生」への強い衝動は、同時に「死」への憧憬となるのです。

 表現者にとって、エロスとタナトスという組み合わせは普遍的テーマでした。一番身近な現実として、またそこから離れる夢の世界として。「生」への執着、つまり性愛が「罪」であるならば、そこからの解放としての「死」は魅惑的な「赦し」となるでしょう。エロティシズムの果てに現れるタナトスの幻想は、狂気の内に生じる一瞬の静寂のように奇妙な美しさを放ちます。生と死という根源的なテーマが美へと昇華したとき、鑑賞者は罪悪感に苛まれながらも、これを覗かずにはいられないのです。(Bunkamura HPより)
[PR]
by bar_letemps | 2011-05-30 03:39 | 宇野亜喜良☆Infos

ル・タンのご案内

〒160-0022 東京都新宿区新宿三丁目31-5 ペガサス館 B1F
03-3351-9099(tel&fax)
map
■Open-Close
[Mon〜Sat]
 18:00~29:00

[Sun&Holiday]
  18:00~24:00

■Web site

■Contact

つぶやき

ファン

ブログジャンル

アート・デザイン
お酒・お茶

画像一覧