Le TEMPS∞ル・タン


新宿三丁目のBar ル・タン
by bar_letemps
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

『僕の時間の深呼吸-21世紀の彼方の時間にいる君へ』

タカイズミプロジェクトVol.3
『僕の時間の深呼吸-21世紀の彼方の時間にいる君へ』
c0113585_5104430.jpg

「ランドセルをしょったら日本一」と称された高泉淳子演じる、山田のぼる少年。遊◎機械/全自動シアターのレパートリーだった伝説的人気作品が、新たな台本、新たなキャストで蘇ります!

タイム イズ オン マイ サイド
時間は僕の味方だ
今がどんな時代でも、そう願い続けたい!

1986年初演、山田のぼる少年は突如現れロジカルに未来を語った。
四半世紀経った今、新しい時間の軸で、新たな物語を、彼はもう一度語り始める。


【出演】
高泉淳子
新谷真弓
小山萌子
山本光洋
遠藤守哉
湯澤幸一郎
あさひ7オユキ


スタッフ 台本・演出:高泉淳子
美術・衣装デザイン:宇野亜喜良


公演スケジュール <期間>
2011年7月13日(水)~2011年7月18日(月)

<開演時間>
7月13日(水) 19:00
7月14日(木) 19:00
7月15日(金) 19:00
7月16日(土) 13:30/18:00
7月17日(日) 13:30/18:00
7月18日(月・祝) 15:00

チケット料金 5,500円(全席指定・税込)


■公演ホームページ
http://www.j-clip.co.jp/


**************************

「Over The Rainbow・・・・・・?」に引き続き、作・演出・主演:高泉淳子と、美術・衣裳:宇野亜喜良によるコラボレーション、タカイズミプロジェクト第2弾。2009年の5月の公演『Second Lesson~カエルの王子が導く超個人的恋愛作法~』の劇中で使われた宇野さんのアニメーションです^^♪。ポスターの絵もとても素敵でした♪
今回はまた全然違った雰囲気のポスターで素敵です♪ 

グリム童話の『カエルの王子』をもとにした恋愛の物語奇想天外でデタラメでとても面白かった♪ ちょっとおしゃれで都会的なセンスがキラリ!

今回の舞台も楽しみです♪ 



タカイズミプロジェクト『Second Lesson』OP映像




*****************************

不思議な、ありそうにない、個人的な愛の話。
だけど、いつも近くで起こっているかもしれない物語
人生において……、
一人で生きていけるという信念をまず持つ、これが“FIRST LESSON”。
次にその信念を木っ端微塵に壊していく、これが“SECOND LESSON”。
SECOND LESSONで、我々は思いもよらぬ体験をし、自分の中のまだ見ぬ自分に遭遇する…。
『そこがどこであれ、それが見つかりそうな場所に探しに行ってみませんか』 彼女はある日、ポストの中にそんな物語の1ページを見つける。


都会の日常の中でなんら変わりのない生活を送ってきた、独り暮らしの女と独り暮らしの男。
ふと想う。「愛している」と自分から口にするなんてことは一度もなかった。
何故……。
女は子供の頃から、『カエルの王子』の夢をよく見る。醜いカエルを思いっきり壁に叩きつけて、きれいな王子に変身するのを待っても、王子は現れない。いつまでもベッドの下で血だらけになってもがき苦しんでいるカエル。「僕じゃ駄目ですか……」、か細い声で請い願うカエル。このカエルが息絶えない限り、王子は現れない。瀕死のカエルを踏み潰すそうとする……。怖くて目が覚める。

男は年を取ってから、何故か『カエルの王子』の夢をよく見る。お姫さまに壁に叩きつけられることを承知で、カエルは嫌がる彼女に近づいていく。血だらけになったカエルを見て、泣きながら抱き上げられるのを待つ。すると、突然きれいな王子が現れ、醜いカエルは自分の仮の姿だったと彼女に告げる。ふたりが抱き合うのを意識がもうろうとする中で見つめるカエル……。男は涙する。「彼女に『愛している』と打ちあけられたカエルは幸せだ……」と。

ある日、男はカフェで本を読んでいる女性に目をやる。本の中に自分の身を忍ばせている彼女に心を魅かれる。そして、彼女のポストに、物語の1ページを投函する。

「僕は恋をしつづけることができるあなたのパートナーになりたい。 そして、一方的にずっと恋をして生きていきたい。 たとえあなたから愛されなかったとしても、僕は愛を返し続けたい。 そしていつか、それがもう何が起こってもゆらぐことのない無償の愛だったと思えたら、僕はそれでいいと思うのです。 僕はあなたに心の負担をかけるつもりはありません。けれど、もし万が一あなたが心に負担を負ってしまったら、それは、すみません、自己負担にしてください。 あなたがよく行くあのいつものカフェに、あなたの行きたい時間に来てください。 僕はそこで待ってます。」(交通費、通信費、コーヒー代、ホテル代(その場合)、自己負担)

彼女の人生の小さな沈黙に、1ページの愛の物語が侵入してくる。その誘いの言葉を読んだとき、彼女は初めて自分の中にあるファンタズム(妄想)を満たしたいと想いが、不思議なくらい自然に込み上げてくる。

物語は始まり、ふたりはカフェで出会い、一日を過ごす……。

【情報提供:CoRich案内人】

*****************************

c0113585_5403423.jpg



ちなみに
タカイズミプロジェクト第1弾
「Over The Rainbow・・・・・・?」
の映像もあったので^^♪ 
もちろん宇野さんのディレクションです!

[PR]
by bar_letemps | 2011-06-29 05:54 | 宇野亜喜良☆Infos

ル・タンのご案内

〒160-0022 東京都新宿区新宿三丁目31-5 ペガサス館 B1F
03-3351-9099(tel&fax)
map
■Open-Close
[Mon〜Sat]
 18:00~29:00

[Sun&Holiday]
  18:00~24:00

■Web site

■Contact

つぶやき

ファン

ブログジャンル

アート・デザイン
お酒・お茶

画像一覧